ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

最新の10件
一覧
linux:android:scrcpy

Android端末をVNCのように画面転送して操作できる

Debian sidならpkgがあるので導入もお手軽

tips

解像度を指定

-m, --max-size value で解像度を指定できる.以下は 1280 を指定

$ scrcpy -m 1280

画面の一部を切り指して転送

--crop で切り抜ける

       --crop width:height:x:y
              Crop the device screen on the server.

              The values are expressed in the device natural orientation  (typically,  portrait  for  a  phone,  landscape  for  a  tablet).  Any
              --max-size value is computed on the cropped size.

スマートフォンだと縦画面にしたときの座標になるよう.

$ scrcpy --crop=1080:1920:0:$(( (2480-1920)/2 ))

fps指定

以下は 5fps に制限

$ scrcpy --max-fps 5 -m 1280

スリープ,ロック禁止

-w, --stay-awake

Android端末の画面を消灯したまま操作

-S, --turn-screen-off

物理キーボードがつながっていると思わせる1

-K, --hid-keyboard

表示のみ(操作不可)

-n, --no-control

録画

-r, --record=file.mp4

ビデオデバイスに出力する

--v4l2-sink で v4l2loopbackデバイスに書き出せる.

$ v4l2-ctl --list-devices
Virtual Camera (platform:v4l2loopback-000):
        /dev/video6

v4l2loopback-7 (platform:v4l2loopback-001):
        /dev/video7

v4l2loopback-8 (platform:v4l2loopback-002):
        /dev/video8

Droidcam (platform:v4l2loopback_dc-000):
        /dev/video9

Integrated Camera: Integrated C (usb-0000:00:1a.0-1.6):
        /dev/video0
        /dev/video1
        /dev/media0

$ scrcpy --v4l2-sink /dev/video8 --lock-video-orientation

snap版scrcpyで--v4l2-sinkを使おうとするとエラー

$ scrcpy --v4l2-sink /dev/video8 --lock-video-orientation
scrcpy 1.23 <https://github.com/Genymobile/scrcpy>
/usr/local/share/scrcpy/scrcpy-server: 1 file pushed. 3.0 MB/s (41123 bytes in 0.013s)
[server] INFO: Device: motorola moto g31(w) (Android 11)
INFO: Renderer: opengl
INFO: OpenGL version: 3.0 Mesa 20.0.8
INFO: Trilinear filtering enabled
INFO: Initial texture: 1080x2400
ERROR: Failed to open output device: /dev/video8
ERROR: Could not open frame sink 1
ERROR: Could not open decoder sinks
ERROR: Could not open packet sink 0
ERROR: Could not open demuxer sinks
WARN: Device disconnected
WARN: Killing the server...

以下のコマンドでsnapにカメラデバイスを認識させる

$ snap connect scrcpy:camera

指定デバイスに接続

PCに複数デバイス接続されているときなどに指定デバイスに接続する.serialは adb devices コマンドなどで確認.

-s, --serial=serial

ネットワーク経由で接続

PCとAndroidをUSB接続してadb tcpipで適当なポートで起動

$ adb tcpip 5555

unplugしてadb connect <IP:port>でネットワークadb接続

$ adb connect 10.42.0.199:5555
$ scrcpy

PCで充電できない場合などに充電器接続で利用できて便利

サウンドをUSB経由で転送(Linuxのみ)

※未確認

audioブランチを自分でbuildして, --forward-audio オプションを使うことでUSB audio accessoryとして認識されるようになるらしい.

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
  _____   ___   __  __  _      __   ____
 / ___/  / _ ) / / / / | | /| / /  / __/
/ /__   / _  |/ /_/ /  | |/ |/ /  _\ \  
\___/  /____/ \____/   |__/|__/  /___/
 
linux/android/scrcpy.txt · 最終更新: 2022/03/29 19:47 by matoken