ユーザ用ツール

サイト用ツール


linux:fileshare:droopy

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
linux:fileshare:droopy [2020/12/24 23:13]
matoken 作成
linux:fileshare:droopy [2020/12/25 00:04] (現在)
matoken [認証が使えない]
ライン 12: ライン 12:
 * [Debian \-\- パッケージ検索結果 \-\- droopy](https://​packages.debian.org/​search?​keywords=droopy) * [Debian \-\- パッケージ検索結果 \-\- droopy](https://​packages.debian.org/​search?​keywords=droopy)
 * [Ubuntu – パッケージ検索結果 \-\- droopy](https://​packages.ubuntu.com/​search?​keywords=droopy) * [Ubuntu – パッケージ検索結果 \-\- droopy](https://​packages.ubuntu.com/​search?​keywords=droopy)
 +
 +ちなみにw3mでも利用可能.
  
  
ライン 76: ライン 78:
 ``` ```
  
-http://​localhost:​8000 にアクセスするとアップロードページが表示される.※同じネットワークからも見える.+http://​localhost:​8000 にアクセスするとアップロードページが表示される.ポート変更も可能. 
 +※同じネットワークからも見える.
  
 {{:​linux:​fileshare:​20201224_22_12_20-4078272.jpg?​400|}} {{:​linux:​fileshare:​20201224_22_12_20-4078272.jpg?​400|}}
ライン 93: ライン 96:
 {{:​linux:​fileshare:​20201224_22_12_42-4084954.jpg?​400|}} {{:​linux:​fileshare:​20201224_22_12_42-4084954.jpg?​400|}}
  
 +メモリ利用量の目安
  
-ngrokでhttpd公開する例+``` 
 +$ ps -eo rss,​pid,​args | egrep -i droopy | grep -v grep  
 +19180 4126876 /​usr/​bin/​python3 /​usr/​bin/​droopy -d /tmp/upload -m hello droopy. -p /​tmp/​upload/​20201224_18:​12:​13-3733667.jpg --chmod 400 
 +$ ps -eo rss,​pid,​args | egrep -i droopy | grep -v egrep | awk '{sum += $1} END {print sum}'​ 
 +22040 
 +``` 
 + 
 + 
 +ngrokでhttps公開する例
  
 ``` ```
ライン 100: ライン 112:
 ``` ```
  
 +同名のファイルガップロードされたときの動き
  
-## 問題+`hoge.jpg` が既に存在する状態で同名のファイルをアップロードした場合,`hoge.jpg` は保持され,新たにアップロードされたファイルは `hoge-1.jpg` となった
  
-### `-a` が使えない 
  
-`-a` で認証をかけようとするとこのようなエラーメッセージが表示されてdroopyが利用できない 
  
 +## 問題
 +
 +### 認証が使えない
 +
 +debian packege版で `-a, --auth` で認証をかけようとするとこのようなエラーメッセージが表示されてdroopyが利用できない
  
 ``` ```
----------------------------------------- 
 Exception occurred during processing of request from ('​127.0.0.1',​ 35512) Exception occurred during processing of request from ('​127.0.0.1',​ 35512)
 Traceback (most recent call last): Traceback (most recent call last):
ライン 129: ライン 144:
     encoded = binascii.b2a_base64(s,​ newline=False)     encoded = binascii.b2a_base64(s,​ newline=False)
 TypeError: a bytes-like object is required, not '​str'​ TypeError: a bytes-like object is required, not '​str'​
----------------------------------------- 
 ``` ```
  
 修正済のよう 修正済のよう
  
-"--auth does not work with Python 3 · Issue #24 · stackp/​Droopy" ​https://​github.com/​stackp/​Droopy/​issues/​24+[\-\-auth does not work with Python 3 · Issue \#24 · stackp/​Droopy](https://​github.com/​stackp/​Droopy/​issues/​24
 +* [Make basic authentication work for python 2 & python 3 · hdf/​Droopy@3ac476f](https://​github.com/​hdf/​Droopy/​commit/​3ac476fe4a703c1df99aa5208e1646468ee6aa65) 
 + 
 +この修正で動作するのを確認. 
 + 
 +``` 
 +$ wget https://​raw.githubusercontent.com/​hdf/​Droopy/​3ac476fe4a703c1df99aa5208e1646468ee6aa65/​droopy 
 +$ python3 ./droopy -a user:pass 
 +``` 
 + 
 +reportbugした
  
 +* [\#978020 \- droopy: Authentication option not available \- Debian Bug report logs](https://​bugs.debian.org/​cgi-bin/​bugreport.cgi?​bug=978020)
  
linux/fileshare/droopy.1608819208.txt.gz · 最終更新: 2020/12/24 23:13 by matoken