ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

最新の10件
一覧
slide:tool:asciidoc-slides

AsciiDoc Slides

AsciiDoc でスライドを書く. Markdownより表現が少し豊か

include が使えるのが便利.オフレコ部分を別ファイルにしてinclude.そのファイルはVCSから除外(.gitignoreとか)しておくなど

Asciidoctor reveal.js

AsciiDoc Slides for Visual Studio Code

reveal.js Live Preview

Marp VSCodeと同じようにVSCodeでリアルタイムプレビューが出来るもの. 便利.

html書き出し機能もある.書き出されたhtmlの中の画像リンクは絶対パスになっているので持ち運びに不便.v1.1.0でインラインhtml書き出しがサポートされた.これだとhtmlファイル1つを持ち運ぶだけでok.ただしLinuxでは$HOME以下だとパスがおかしくなるバグがある(Issue#15).一時的にでも$HOMEより上の階層にコピーして書き出すとok.

Ctrl + shift + x で Extentions を開いて導入

Ctrl + shift + p で command palet を開いて選択

htmlスライドの主なキー操作

  • space / n / PgDn : 次のページへ移動
  • shift + space / PnUp : 前のページへ移動
  • 上下左右 / hljk : スライドの移動
  • o / esc : スライド一覧
  • Ctrl + click : 拡大
  • f : フルスクリーン
  • v / b /. / \/ : resume
  • s : 時計や次のスライド,note等が表示されたウィンドウが開いてここで操作可能

pdf 書き出しは html 書き出し後その html を Chrome/Chromium で URLの末尾に ?print-pdf を付与して開いて Ctrl + p で印刷画面にして pdf 書き出し Speaker Notes も書き出す場合は showNotes=true も付与する.slide.html?print-pdf&showNotes=true

https://github.com/hakimel/reveal.js#pdf-export

こんな感じでheadless変換を

$ chromium --temp-profile --user-data-dir=`mktemp -d` --headless --print-to-pdf=./slides.pdf files://`pwd`/slides.html?print-pdf

UMLはkrokiで書ける

slides

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
   __    __  ___   __    _  __  _      __
  / /   /  |/  /  / /   / |/ / | | /| / /
 / /__ / /|_/ /  / /__ /    /  | |/ |/ / 
/____//_/  /_/  /____//_/|_/   |__/|__/
 
slide/tool/asciidoc-slides.txt · 最終更新: 2020/05/06 19:20 by matoken