ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

最新の10件
一覧
unix:terminal:gnu_screen

GNU screen

Tips

ユニコードモード利用(-U)

ユニコードモードでセッションがあれば既存の接続をデタッチしてアタッチ,なければ新規セッションを作成

$ screen -UdR

既存のセッションに文字列を送信する

0番目のウィンドウに文字列を送信

$ screen -S セッション名 -p 0 -X stuff "^u^kecho hoge\n"

カレントウィンドウに送りたい場合は -p を削る

$ screen -S セッション名 -X stuff "^u^kecho hoge\n"

既存のセッションにGNU screenのコマンドを送る

次画面に遷移する(C-a n)

$ screen -S セッション名 -X next

30秒毎に次画面に遷移し続ける

$ while :;do screen -S セッション名 -X next; sleep 30; done

すでに起動しているプログラムをGNU screenにデタッチする(既存プロセスをGNU screenの子プロセスにする)

reptyr を導入

$ sudo apt install reptyr

移動したいプログラムのプロセスIDを調べる

$ ps -ef | grep hogehoge

デタッチしたいGNU screenのウィンドウ上でreptyrでデタッチする

$ reptyr $PID

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
   _  __  _____   __    ____   ___ 
  | |/_/ / ___/  / /   /  _/  / _ \
 _>  <  / /__   / /__ _/ /   / , _/
/_/|_|  \___/  /____//___/  /_/|_|
 
unix/terminal/gnu_screen.txt · 最終更新: 2020/08/15 19:28 by matoken